当時の事件や出来事カテゴリの記事一覧

明治維新


明治維新(めいじいしん)とは、江戸幕府による幕藩体制から、
明治政府による天皇親政体制の転換と、
それに伴う一連の改革をいう。

開始時期については諸説あるが、狭義では明治改元に当たる1868年10月23日(旧9月8日)となる。しかし一般的には大政奉還、王政復古以降の改革を指すことが多い(維新体制が整う以前の政治状況については「幕末」の項を参照)。終了時期についても、西南戦争の終結(1877年)、内閣制度の発足(1885年)、立憲体制の確立(1889年)までとするなど諸説ある。この期間の政府を特に「明治政府」「新政府」「維新政府」などと呼称することが多い。主に旧薩摩藩・長州藩および一部の公家による専制政治として実行されたため「藩閥政府」と揶揄されることもあるが、中級官僚以上でも旧親藩・旧幕臣などから採用された者も少なくなく、一概に一部雄藩のみが主導したともいえない。なお、「明治維新」という語が一般に流布したのは昭和以降[要出典]で、当時の人々からは主に大政奉還と廃藩置県を指して「御一新」と呼ばれていた。

短期間の内に西欧列強に比肩する国家を築き上げたことは諸外国からは奇跡と見られ、とくにアジア諸国にとって近代革命の模範となった。この革命の象徴となり、アジア初の本格的立憲君主となった明治天皇についての評価は諸外国では日本以上に高い。
(ウィキペディアより)

大政奉還


大政奉還(たいせいほうかん)とは、江戸時代末期の1867年11月9日(慶応3年旧暦10月14日)に、江戸幕府第十五代征夷大将軍徳川慶喜が、大政(統治権)の朝廷(天皇)に対する返上を申し出た政治的事件である。

薩摩藩と長州藩が薩長同盟を結び倒幕運動を推し進めていた幕末も大詰めの時期、公議政体論を主張し将軍の政権返上を政治路線として考えていた土佐藩は、1867年(慶応3年)10月3日に将軍・徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出した。慶喜は京都・二条城に在京諸藩の藩主・家老職を招集し、そこでの会議で大政奉還の上奏文の提出を決定、11月9日(旧暦10月14日)に朝廷へ上奏文を提出した。そして翌11月10日(旧暦10月15日)、朝廷は上奏文を許可し、大政奉還が成立した。
(ウィキペディアより引用)



お由羅騒動


お由羅騒動(おゆらそうどう)とは幕末に薩摩藩(鹿児島藩)で起こった御家騒動。
別名「高崎崩れ」「嘉永朋党事件」。
島津斉彬の藩主襲封を願う家臣によって起こされた。

そもそも事件の名前になったお由羅の方とは、
江戸の町娘から島津斉興の側室となった人物である
(その出自には三田の八百屋、舟宿、大工等多数の説がある)。
同女が息子久光(三郎)の藩主襲着を謀り、
正室出生の斉彬の廃嫡を目した事が事件の原因とされる。
しかし、祖父島津重豪の影響が強い斉彬を嫌っていた
斉興や家老調所広郷等の重臣達の方が、久光を後継者にと
望んでいたのが実情とされる。
彼ら久光擁立派は、重豪同様の「蘭癖大名」と見られていた
斉彬がこの頃ようやく黒字化した薩摩藩の財政を
再び悪化させるのでは、と恐れていたのである。

それに対し、斉彬の早期の家督相続を希望していた勢力もある。
壮年の斉彬にいつまで経っても家督相続せず倹約ばかりを強いる
斉興へ反発を感じる若手下級武士や、
斉彬を高く評価する江戸幕府である。
琉球を実効支配し、外洋にも面していた薩摩藩は、
この当時多発していた外国船の漂着・襲来事件に巻き込まれる事が
多々あった。この為、西洋の事情に疎い斉興より海外事情に明るい斉彬の藩主襲封が望まれたのである。
(ウィキペディアより引用)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。