お由羅騒動


お由羅騒動(おゆらそうどう)とは幕末に薩摩藩(鹿児島藩)で起こった御家騒動。
別名「高崎崩れ」「嘉永朋党事件」。
島津斉彬の藩主襲封を願う家臣によって起こされた。

そもそも事件の名前になったお由羅の方とは、
江戸の町娘から島津斉興の側室となった人物である
(その出自には三田の八百屋、舟宿、大工等多数の説がある)。
同女が息子久光(三郎)の藩主襲着を謀り、
正室出生の斉彬の廃嫡を目した事が事件の原因とされる。
しかし、祖父島津重豪の影響が強い斉彬を嫌っていた
斉興や家老調所広郷等の重臣達の方が、久光を後継者にと
望んでいたのが実情とされる。
彼ら久光擁立派は、重豪同様の「蘭癖大名」と見られていた
斉彬がこの頃ようやく黒字化した薩摩藩の財政を
再び悪化させるのでは、と恐れていたのである。

それに対し、斉彬の早期の家督相続を希望していた勢力もある。
壮年の斉彬にいつまで経っても家督相続せず倹約ばかりを強いる
斉興へ反発を感じる若手下級武士や、
斉彬を高く評価する江戸幕府である。
琉球を実効支配し、外洋にも面していた薩摩藩は、
この当時多発していた外国船の漂着・襲来事件に巻き込まれる事が
多々あった。この為、西洋の事情に疎い斉興より海外事情に明るい斉彬の藩主襲封が望まれたのである。
(ウィキペディアより引用)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。