大政奉還


大政奉還(たいせいほうかん)とは、江戸時代末期の1867年11月9日(慶応3年旧暦10月14日)に、江戸幕府第十五代征夷大将軍徳川慶喜が、大政(統治権)の朝廷(天皇)に対する返上を申し出た政治的事件である。

薩摩藩と長州藩が薩長同盟を結び倒幕運動を推し進めていた幕末も大詰めの時期、公議政体論を主張し将軍の政権返上を政治路線として考えていた土佐藩は、1867年(慶応3年)10月3日に将軍・徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出した。慶喜は京都・二条城に在京諸藩の藩主・家老職を招集し、そこでの会議で大政奉還の上奏文の提出を決定、11月9日(旧暦10月14日)に朝廷へ上奏文を提出した。そして翌11月10日(旧暦10月15日)、朝廷は上奏文を許可し、大政奉還が成立した。
(ウィキペディアより引用)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。