明治維新


明治維新(めいじいしん)とは、江戸幕府による幕藩体制から、
明治政府による天皇親政体制の転換と、
それに伴う一連の改革をいう。

開始時期については諸説あるが、狭義では明治改元に当たる1868年10月23日(旧9月8日)となる。しかし一般的には大政奉還、王政復古以降の改革を指すことが多い(維新体制が整う以前の政治状況については「幕末」の項を参照)。終了時期についても、西南戦争の終結(1877年)、内閣制度の発足(1885年)、立憲体制の確立(1889年)までとするなど諸説ある。この期間の政府を特に「明治政府」「新政府」「維新政府」などと呼称することが多い。主に旧薩摩藩・長州藩および一部の公家による専制政治として実行されたため「藩閥政府」と揶揄されることもあるが、中級官僚以上でも旧親藩・旧幕臣などから採用された者も少なくなく、一概に一部雄藩のみが主導したともいえない。なお、「明治維新」という語が一般に流布したのは昭和以降[要出典]で、当時の人々からは主に大政奉還と廃藩置県を指して「御一新」と呼ばれていた。

短期間の内に西欧列強に比肩する国家を築き上げたことは諸外国からは奇跡と見られ、とくにアジア諸国にとって近代革命の模範となった。この革命の象徴となり、アジア初の本格的立憲君主となった明治天皇についての評価は諸外国では日本以上に高い。
(ウィキペディアより)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。