高橋英樹『島津斉彬』役


高橋英樹(たかはし ひでき)

1944年2月10日
千葉県木更津市出身の俳優、タレント。
私立市川高等学校、日本大学芸術学部演劇学科卒業。本名、同じ
小さい頃から映画や小説が好きで役者に憧れていた高橋は厳しい親の反対を押し切り、日活のオーディションに受かり役者を志す。 1961年、日活から映画デビュー、石原裕次郎や小林旭の実測身長よりはるかに高い長身と圧倒的な美男ぶりで、人気を呼ぶ。だが、股下が短かった為(本人曰く)アクションや青春ものでは主役がなかなか回ってこなかった。そこで、着流しを着ての時代劇や任侠はどうだということで1963年、10代にして貫禄充分の英樹は「男の紋章」を初めとする任侠映画シリーズの主演スターとして活躍、多くの任侠映画に出演。しかし日活は客が入らず、1971年、ポルノ映画会社に変わってしまう。これを機にテレビに活躍の場を移す。数々のテレビ時代劇シリーズに主演、貴重な時代劇スターとなった。その後TV時代劇「桃太郎侍」の主役を務めるも、放映当初の視聴率はかんばしくなかったが、主題歌を歌っていた三波春夫から「お地味ですねえ。もっと時代劇はすっきりしないと」と言われたことをきっかけに、高橋の提案でそれまで原作どおりみねうちだったものを派手な殺陣に変え、黒だった服を三波ばりの白に柄の入った派手なものにし、般若の面をかぶって「ひとつ、・・・」などとセリフを言いながら登場するように変えたところ、人気が急上昇し、「遠山の金さん」と並び高橋の代表作となった。 既存の時代劇に批判的な一面もあり、「ぶらり信兵衛 道場破り」のような軽妙で意欲的な作品・役を演じてみたり、「それなりのキャリアを積んだからといって『黄門様』になろうとは思わない」と発言したりもしている。現代劇作品も多く、近年は2時間サスペンスの主演でもおなじみ。陽気さ、快活さが魅力だが、近年は年齢もあって滋味を滲ませた演技も披露している。またバラエティ番組でもたくみなトークで活躍。殺陣の上手さは、スピードや気迫、その綺麗さから存命の時代劇俳優の中で一番とも称される。2007年3月4日に高橋が「いつみても波瀾万丈」に出演した際、最近は殺陣をやってないことについて、「本当は殺陣やりたいんですよ。自信あるんです!」とアピールしていた。

長女は現在フジテレビアナウンサーでもあるマーサこと、高橋真麻。真麻が生まれるまでに高橋夫婦は3度の流産を経験しており、念願の子供であった。バラエティに出るようになったのは「パパは何でSMAPといっしょに出ないの?」という真麻の発言があったからだという。2007年3月4日に高橋が「いつみても波瀾万丈」に出演した際、番組から「こんな理想的なパパはいないと思う」といった真麻の手紙を紹介され、うっすら涙を浮かべた。

デビュー当時に共演した浅丘ルリ子には公私にわたって指導を受けており、今でも頭が上がらないとのこと。

「明確な限度額の設定が無い」と言われるブラックカードを所持している。


テレビ

竜馬がゆく(1968年NHK大河ドラマ)
鞍馬天狗
旗本退屈男(1970年 フジテレビ)
おらんだ左近事件帖(1971年 フジテレビ)
隼人が来る(1972年 フジテレビ)
ぶらり信兵衛 道場破り(1973年 フジテレビ)
編笠十兵衛(1974年 フジテレビ)
十手無用 九丁堀事件帖(1975年)
桃太郎侍(1976年)
判決(1978年)
生きる(1981年、テレビ朝日)
遠山の金さん(1982年)
三匹が斬る!(1987年)
江戸の用心棒(1994年)
さむらい探偵事件簿(1996年)
春の坂道(NHK大河ドラマ)
国盗り物語(1973年NHK大河ドラマ 織田信長役)
花神(1977年NHK大河ドラマ 河井継之助役)
京都かるがも病院
喧嘩安兵衛 決闘高田ノ馬場(1989年)
翔ぶが如く(1990年NHK大河ドラマ 島津久光役)
次郎長三国志(1991年 テレビ東京 清水次郎長役)
平清盛(1992年TBS 後白河法皇役)
織田信長(1994年 テレビ東京 織田信長役)
次郎長三国志 勢揃い二十八人衆喧嘩旅!(1998年 大前田英五郎役)
影武者徳川家康(1998年 徳川家康/世良田二郎三郎役)
北条時宗(2001年NHK大河ドラマ 毛利季光役)
義経(2005年NHK大河ドラマ 藤原秀衡役)
忠臣蔵 瑤泉院の陰謀(2007年 テレビ東京 柳沢吉保役)
西村京太郎トラベルミステリー(土曜ワイド劇場)2代目十津川警部役
高橋英樹の船長シリーズ(土曜ワイド劇場)
慶次郎縁側日記(木曜時代劇)
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
新装開店!SHOW by ショーバイ!!
新装開店!SHOW by ショーバイ2
クイズ日本人の質問
ダウンタウンDX
奇跡の扉 TVのチカラ
新船長の航海事件日誌(2006年 土曜ワイド劇場 高杉英雄役、友情出演)
笑っていいとも
ごきげんよう
(ウィキペディアより引用)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。